犬と飛行機の旅行(ツアー)での注意点は?あると便利な持ち物一覧!

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

きき犬は家族の一員として愛犬と一緒の旅行を計画する飼い主さんもいますよね。

長距離旅行になると交通手段として飛行機を選択するする人もいるでしょう。

 

でも犬を飛行機に乗せたことがないと不安もありますよね。

愛犬と飛行機に乗る前にはいくつか知っておきたい注意点があります!

 

また、旅行に行く時の愛犬の持ち物についてなにをもっていったらいいの?と悩む人もいると思います。

そこで今回は犬と飛行機の旅行(ツアー)での注意点とあると便利な持ち物について紹介したいと思います。

愛犬と飛行機に乗る時の注意点

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

愛犬と車に乗ることがある!という人は結構多いのではないでしょうか?

その場合犬も車に乗ることに慣れていると思いますが、飛行機は滅多に乗らない乗り物なので犬も不安な気持ちになってしまいます。

 

少しでも愛犬が飛行機で快適に過ごせるようにしてあげたいですよね。

では、犬を飛行機に乗せるにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?

 

注意点を紹介しますね♪

犬は貨物室に乗る

まず、犬と飛行機に乗るときに飼い主さんに知っておいて欲しいことがあります。

それは国際線の場合、飛行機では犬は飼い主さんと一緒に機内に乗れないということです。

 

犬は飼い主さんと離れて貨物室に乗ることになるのです。

そのことを事前に知った上で飛行機を利用するようにしましょう。(※国際線の場合は各航空会社によって条件はありますが犬も機内に乗ることができます。)

 

犬にとって飛行機に慣れていないことや飼い主さんと離れ離れになることはストレスを感じてしまうこともあります。

なので、貨物室で犬が少しでも安心して過ごせるようにクレートに愛犬や飼い主さんの匂いがするものを入れておくなど何か対策をしてあげるといいですね。

クレートに慣れさせておく

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

飛行機では犬はクレートに入らなければいけません。

ですが普段からクレートに入ることに慣れていない犬は当日にいきなりクレートに入れられるとストレスを感じてしまい体調を崩してしまうこともあります。

 

旅行先にもよりますが飛行機に乗ると1時間以上はクレートに入っておかないといけないので普段からクレートに慣れさせておきましょう。

なかなかクレートに慣れてくれない場合は最初から無理に入れようとせず、ご褒美のオヤツを使って徐々に慣れさせるといいですね♪

飛行機に乗れない犬種もいる

飛行機にはすべての犬種が乗れるわけではなくほとんどの航空会社で持ち込みを禁止されている犬種がいます。

その犬種はパグやブルドッグ、ペキニーズ、チンなどの鼻がペチャっとしている短頭種です。

 

短頭種は、顔の構造上鼻での呼吸がしずらいので体温が上がりやすく体調を崩してしまうことがあるからです。

今までにこれらの犬種が飛行機で亡くなるなどの事故が起こっているのです。

 

飛行機に乗る当日に乗せれない犬種だったとなれば飼い主さんは困ってしまいますよね。

飛行機の予約をする前に愛犬が飛行機に乗せれる犬種なのか事前に確認しておきましょう。

 

また、それ以外の犬種でも病気がある犬や高齢犬、環境の変化に敏感な犬はストレスなどで体調を崩す可能性があるので注意が必要です。

手続きでの注意点

飛行機の手続きは搭乗の30分前には手続きをすませるようにしましょう。(繁盛期などの混み合う期間は搭乗の40分前に済ませるようにしてくださいね♪)

愛犬を飛行機に乗せるときは手続きの際に同意書を提出しなければいけません。

 

同意書ってどのような内容なの?と思う飼い主さんもいますよね。

この同意書の内容はもし飛行機で犬が体調を崩したり亡くなっても航空会社に一切の責任を問わない、といったものです。

 

飛行機で愛犬にもしものことがあった場合はすべて飼い主さんの責任になってしまうので注意しましょう。

飛行機に乗る前に健康チェックをして愛犬の健康状態を把握しておくといいですね。

 

愛犬に以下のような症状がある場合は飛行機に乗る前に獣医さんに相談した方がいいでしょう。

ここがポイント!
  • 下痢や嘔吐
  • 血尿
  • くしゃみや咳をしている
  • 鼻水
  • 元気がない
  • 食欲がないetc…

愛犬を乗せる時の輸送代は?

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

路線にもよりますが犬を飛行機で輸送する場合の費用はだいたい3000円〜6000円ほどです。

空港で貸し出し用クレートを借りる場合はクレートの大きさによって別途費用がかかります。

 

また、愛犬とクレートの総重量が32kgを超える場合は貨物扱いになるので注意しましょう。

ペット料金はネットで事前に支払えるので飛行機に乗る当日の手続きがスムーズになりますよ♪

犬を飛行機に乗せる時の持ち物

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

犬は荷物室に乗ることになるので愛犬の持ち物を事前に準備しておきましょう。

貨物室は客室とは違い温度変化があるため夏は気温が上がりやすく、冬は気温が下がります。

 

温度変化で体調を崩すことがあるため旅行時期に合わせて持ち物を準備しておかなければいけません。

また、貨物室は照明がつかず暗室になります。

 

そのためできるだけ愛犬が安心できるようにしてあげたいですよね。

では、飛行機に乗るときに持って行くべき持ち物にはどんなものがあるでしょうか?

クレート

クレートは航空会社で貸し出しをしてくれる場合もありますが、普段から愛犬がつかっているものの方がいいですね。

なぜなら、貸し出し用のクレートはいろいろな犬が使っているため匂いがしますよね。

 

他の犬が苦手な子は匂いでストレスを感じてしまうこともあるのです。

また、飛行機に不安を感じてる犬は自分の匂いがすることで安心します。

 

そのため、愛犬が使い慣れたものにしてあげましょう。

クレートにはトイレシーツをひいてあげてくださいね!

冬は防寒具・夏は防暑具

貨物室は客室との温度が違うため冬は寒く夏は暑くなるのです。

そうなると愛犬が体調を崩してしまうので冬はブランケット、夏は保冷剤などひんやりとするものクレートに入れてあげましょう。

 

ブランケットは犬自身や飼い主さんの匂いが付いたものを入れてあげると犬は落ち着くので貨物室内での不安の軽減になります♪

給水器

飛行機で愛犬がいつでも水分補給できるようにクレートに給水器をつけてあげましょう。

特に夏場は貨物室の温度も上がるので熱中症になる危険があるので注意が必要です。

旅行中にあると便利な持ち物

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

上記は犬が飛行機に乗るときに準備しておきたいものですが旅行中も愛犬の持ち物は必要ですよね♪

旅行中に持ってこればよかった、と困らないように事前に用意しておきたい持物を紹介します!

ここがポイント!
  • 首輪とリード(またはハーネス)
  • ワクチンの証明書
  • いつも食べているフード(ドライフード)
  • トイレシーツ数枚
  • マナーベルト・マナーパンツ
  • 歯ブラシ
  • スリッカーやブラシ
  • ウェットティッシュ
  • 健康保険証(ペット保険に入っている場合)
  • ビニール袋
  • カッパ

ワクチン証明書はホテルなどの愛犬と一緒に過ごせる場所で提示を求められることがあります。

証明証がないと利用できない施設もあるので忘れないようにしましょう!

犬と飛行機の旅行(ツアー)での注意点は?あると便利な持ち物一覧!まとめ

犬 飛行機 旅行 ツアー 注意点 便利 持ち物

犬と飛行機での旅行をするときは以下のことに注意しましょう!

ここがポイント!
  • 犬は飛行機では貨物室に乗る
  • 短頭種は飛行機に乗れない
  • 搭乗時間の30分前には手続きをすませる
  • 同意書を提出しなければいけない
  • 犬が飛行機に乗る時の費用は3000〜6000円
  • 旅行中はワクチン証明証を持っていく
  • 万が一のために健康保険証も

特に犬が貨物室に乗ることやパグやブルドッグなどの短頭種は飛行機に乗れないということは事前に知っておきたいですよね!

首輪やリードは必ず持っていきましょう。

必要な持ち物を事前に準備して愛犬と快適に旅行を楽しみたいですね♪

 

犬の面白ネタ特集公開中!

犬のかわいい動画やかわいい画像を公開中!

飼い主さんが好きすぎて面白い行動を起こしちゃうわんちゃんや、油断しすぎて変顔を見せてしまうわんちゃんも紹介しています♪


見て、楽しんで、ほっこりしていってくださいね☆
犬の面白ネタ特集!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

なゆた
このたびは、なゆたの魂を込めた記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

このブログでは、今後も犬のしつけ方法や問題行動の解決方法、困ったときにどうしたら良いのか等々、役に立つ情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、いつでもあなたと愛犬の幸せの生活のサポートをさせていただきます☆
お気軽に相談していただけでば、力になれるかと思うので、よろしければお友達登録よろしくお願いします!

また、今回の記事についてでも分かりにくかったことや、ご質問などがございましたら、LINE@にてお気軽にご相談くださいね。

友だち追加
いぬのしつけ教材について詳しく知りたくてネットで調べてみ良いことばかり書いていて、どこか信じきれないところありますよね。

そこで当ブログ運営者のなゆたが実際に購入して、それぞれのしつけ教材は
  • 本当に効果がるのか
  • 口コミは本当なのか
  • 値段相応の教材なのか
  • 販売者は信用できるのか
  • アフターサービスはしっかりしているのか
等々の視点からどこよりも詳しく飼い主さんのみなさんのために解説していきます。
まずは、私が厳選して選んだいぬのしつけ教材のランキングを参考にしてください♪

犬のしつけ教材おすすめランキング2019年版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + twelve =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください